HOME > 看護師が転職するきっかけは? > 大失敗で患者さんに迷惑をかけ看護師を辞めようかと悩んだけれど

大失敗で患者さんに迷惑をかけ看護師を辞めようかと悩んだけれど

確認不足のうっかりミスで患者さんが転落

都内の大学病院で3年、民間病院で2年働いてきた30代の女性看護師です。担当の科は内科・外科混合病棟が4年、産婦人科病棟1年です。現在は子育てに専念中です。

私は看護師1年目のとき、とんでもない大失敗をしてしまいました。とある検査を済ませストレッチャーで戻ってきた患者さんにベッドまで歩いてもらおうと思い、通路でストレッチャーを止めた私は、ベッドのある方向をしっかり確認せずにストレッチャーの柵を外してしまいました。すると、患者さんがストレッチャーから転落してしまったのです!

私はとんでもないことをしたと、大慌てで患者さんに外傷がなかったかを確認しました。すぐに先輩、医師にも報告しました。一応、外傷はなかったので経過観察とはなりましたが、この一件で私は居残りで主任に呼ばれて注意とインシデント報告をがっつり書かされました。

前代未聞の事故で周囲から心配され

どうやら、病院でも前例のないような大事件だったようです。私が2年目になる手前の出来事だったので、先輩からは「これから次の新人が入ってくるのに、大丈夫なの?」と心配されてしまいました。それに当の患者さんは、特に咎めることはせず「自分もちゃんと起き上がらずにいたから悪かったよ」と逆に謝られてしまいましたので、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

当時は本当に恥ずかしくて、気持ちも萎縮してしまったのかしばらく他のことでも失敗が度重なってしまい、もう自分は看護師を辞めたほうがいいのではと何度も思いました。

失敗を忘れず次につなげようと考えて

それでも周りから励ましてもらい、自分の忘れない最大の失敗経験として位置づけ、次につなげようと思えるようになりました。本当にそれから、自分で気を付けようと思いました。自分が横柄に患者さんを扱ってしまったことが原因なのだということを、肝に銘じたのです。

看護学校時代から、転落・転倒については細心の注意を払って予防するように言われたと思いますが、日々の業務の忙しさでそういう意識が薄れてしまうこともあります。しかし、忙しいというのは理由になりません。業務の手際よりも患者さんの安全を守ることを第一に勤務していくことが大事だと思います。