HOME > 看護師が転職するきっかけは? > 看護師の宿命だけどやっぱり夜勤はつらい

看護師の宿命だけどやっぱり夜勤はつらい

勤務先の夜勤状況は恵まれているとは思うけど

30歳で看護師免許を取得し、地方の総合病院で働いている40代の女性看護師です。最初は手術室に勤務し、いまは内科病棟にいます。

私は子どもが3人いるので夜勤は少なめにしてもらっているのですが、それでもやっぱり負担に感じています。
勤務先の病院では、病棟によって2交代と3交代があり、私がいる内科病棟は2交代制です。16:30から9:30までの2人体制です。月に4〜5回は夜勤に入ります。
休憩は、だいたい0時から2時間半ぐらいずつとっています。他の病棟に比べるとかなり休憩時間が長いようです。仮眠の時間はほぼ毎回確保できています。これもまたとても恵まれているなあと思います。

休憩時間では、休憩室にあるソファベッドをベッドにして仮眠をとれるので、できるだけ眠る努力をします。落ち着かない患者さんがいて、いつ呼ばれるか心配だったり、気分が高揚して眠れないこともありますが、電気を消して横になっています。それに私のいる病棟では、夜勤明けの翌日は必ず休みにしてくれるので、昼間にしっかり休みがとれるのもお得な感じがしていいです。

でも、帰宅すると家の中がごっちゃごちゃ!!! 子どもがいるので、子どもの迎えやご飯や保育園や学校の支度などを夫に任せているのですが、本当にうんざりしてしまいます。帰宅したら速攻で毎回大掃除とばかりに片付けていますが、仕事が終わっても家に帰ってまたすぐ一仕事という感じで、それがやっぱり負担です。

体力的にも精神的にもどうにも耐えられなくなったら

正直、体力的にもキツイですし、夜勤をしている看護師は心臓の病気になりやすいと先輩看護師がよく言っているので、できれば早く夜勤をやめたいです。職場に60過ぎても頑張っているベテラン先輩がいるのですが、尊敬の一言です。

それに、夜勤にはつきものの怪談話もあったりして、誰もいないはずの部屋からナースコールがあったときは本当にぞっとしました。接触不良だったようですが、丑三つ時に1回だけなったので、もう1人の夜勤スタッフと震え上がってしまいました。怖かったです。なんだか、こういうことも最近はストレスになっているのかなと感じます。

いまはとりあえず転職は考えていませんが、それでもやっぱり体力的、精神的にもたなくなってきたら、夜勤のない部署への移動や職場を変えるなど、働く場所を選べるのも看護師の特権だと割り切って、転職を考えようと思っています。